MENU
CLOSE

丹後につながる祈りの道 あしたの畑 Prayer road leading to Tango Tomorrow field

半島の突端
海に囲まれた土地に
はるか昔 大きな墓が作られた
石室が残された丘には
今日まで祈りの道がつながっている

「導かれるように丹後にたどり着いた。」そう思わずにはいられない。NPO法人TOMORROWが間人(たいざ)に構えたスタジオを訪ね、丹後に拠点を定めた経緯を聞いた時のことです。


間人スタジオ風景

代表 徳田佳世さんと、大学院在学中から構想に携わってきた橋詰隼弥さんが丹後半島の間人地区を訪れたのは2020年8月。遡ること5年前にスタートした“集落構想”を実現できる土地を探している最中でした。長らくアートプロジェクトに携わってきた佳世さんは「芸術は美術館の中だけではなく、暮らしや地域の風景の中で展開されるもの」と考え、日本の風土、歴史、原風景が息づく土地を探していました。京都・奈良・和歌山・三重・滋賀とリサーチの旅を続ける中で、久美浜の宿に立ち寄ったのは偶然だったそうです。翌日、大成(おおなる)古墳群を訪れ「空と海がその祈りを受け入れるかのように、波が岬に押し寄せては引く。ここ_間人と呼ばれる漁村に、アートに大切なものはすべてここにあり、ここから生まれると、(中略)直感した」*と、求めていた土地との出会いを確信されました。


間人スタジオ風景

かつて古代王国「丹後王国」が栄えた丹後半島には約6,000基もの古墳が存在し、6世紀から7世紀初めにかけて建造された大成(おおなる)古墳群は、地域を一望する高台に建造されました。海に囲まれた丘にむき出しになった石室が残され、古代の人々が海に向かって弔いを捧げた情景が浮かんでくるようです。芸術の根源は“祈り”という構想を持つTOMORROWにとって、太古から続く祈りの記憶との遭遇は、拠点を決めるのに十分な体験でした。

紆余曲折を経て間人区の元区長である吉岡和信氏と繋がり、古民家を借り受け、アーティスト、建築家、料理人、職人たちと改修をスタートします。分野を超えたプロフェッショナルが集い、これからの暮らしを提案する活動には「あしたの畑」と名が付けられました。アート・食・工芸の交流地となり、次世代のプロフェッショナルの発掘と育成を目指すプロジェクトの種が、丹後の大地に撒かれ始めたのです。改修は現在も続き、そのプロセス自体を公開、展示しています。


間人スタジオ風景

2021年11月。丹後町の竹野(たかの)神社において雅楽間人公演「心田を耕す」が奉納されました。TOMORROWが手がけるプロジェクトのひとつとして、企画・実施されたものです。ここにも、丹後という土地にいくつものピースが集まるように運命付けられていたとしか思えない流れがありました。

「雅楽やパフォーミングアーツを勉強する機会があり、能や狂言の公演を見てきました。佐渡島にある世阿弥流の屋外舞台がとてもきれいでした。昔の人は芝居の源流となる芝の上に座って薪の明かりで見ていたのだろうと想像し、屋外で鑑賞したら美しいだろうと思って」。隼弥さんの話は続きます。「雅楽は1400年前に中国・朝鮮半島から大和朝廷に伝わったと言われ、やがて能に変化します。東大寺の大仏の開眼式でも奉納された“日本の祈りのかたち”でした」。そして、間人は聖徳太子の御母間人(はしうど)皇后が争乱を避けて身を寄せた土地であり、2021年は皇后の1400年遠忌にあたる年でした。

舞台となった竹野神社は、9代開化天皇の妃となった「竹野媛」が晩年帰郷した際に「天照皇大神」を祀って創建したといわれる由緒ある神社です。雅楽を奉納されたのは「天王寺雅所 雅亮会」。聖徳太子によって建立された四天王寺に所属する天王寺雅所(がくそ)が、明治時代に民間の有志によって再結成された団体で、日本の雅楽伝承を支えてきました。集落構想の時から気になっていたという竹野神社、間人皇后、聖徳太子、雅楽…歴史と土地の文脈が次々と繋がる様は、畏怖を覚えるほどでした。

そうして、不安に包まれた現代に安寧の祈りを捧げる雅楽が奉納されました。私たちの身体と意識は、時空を超えた祈りとひとつになっていきます。

天を見つめる目線を追って
振り上げた腕は鼓動を早め
踏みしめる足音は意識を奪う
それは人と歴史と土地が交わっていく、得難い体験でした。

丹後に撒かれた集落構想「あしたの畑」から、どのような芽が育ち実るのでしょうか。その先にある祈りに、丹後が包まれることを願っています。

*間人への道 徳田佳世 より引用

原田 美帆 与謝野町在住
インテリアコーディネーター・現代アートスタジオスタッフとして活躍し、2015年からは丹後・与謝野町に移住と共にデザインスタジオ「PARANOMAD(パラノマド)」を設立。織物は彫刻という独自の視点でカーテンを始めとしたテキスタイルを制作。また、マニアックな所まで的確にレポートするライターとしても活躍中。そんな彼女の美と食の記事は今後とても楽しみであります。PARANOMAD

 

INFORMATION

名称
あしたの畑
Name
Tomorrow field
住所
京都府京丹後市丹後町間人2854
Address
kyoto,kyotango,taiza2854
URL
https://www.tomorrowfield.org
Url
https://www.tomorrowfield.org
名称 Name
あしたの畑 Tomorrow field
住所 Address
京都府京丹後市丹後町間人2854 kyoto,kyotango,taiza2854
URL Url
https://www.tomorrowfield.org https://www.tomorrowfield.org
  • TOP
  • LUXURY
  • 鋼の道に立つ青年たち 日本玄承社 後編