MENU
CLOSE

古の美を現代に織り上げる 民谷螺鈿株式会社 Tamiya raden Co., Ltd. Weave the old beauty

揺らめく海の青を放つ螺鈿

杢が独特の表情を描く銘木

鮮やかに発色するなめし皮

一目見れば魅惑されてしまう美しい素材たち。身に纏うならば、絵巻物に描かれた貴婦人のように世界を虜にしてしまうことでしょう。

こんにちは、PARANOMADデザイナーの原田美帆です。螺鈿が輝く帯、銘木やなめし皮が身体を覆う洋服…さまざまな素材を筆に、日本の美を描き出す機屋 民谷螺鈿株式会社。その幻想的な世界を覗かせてもらいました。

2ミリほどの細さに裁断されたなめし皮を経糸の間に織り込む。その瞬間、シャットルの音は止まり、独自開発した装置が滑らかに動いて皮を引き込んでいきます。息の止まるような緊張感。一段ずつ、職人の手技と合わせて進められる織り。

先代 民谷勝一郎さんは京都西陣の織元と丹後の機屋をとりもちながら、自らも紋紙を彫り、織機を動かし、手機による製品生産も請け負う職人でした。得意としていたのは西陣の帯の伝統技法である「引箔」。和紙に金銀箔を貼り合わせて糸のように細く裁断し、緯糸として織込む技術です。引箔の原料加工を行う「箔屋」としても、問屋の要望に応える技術力を築き上げていました。


繊細な柄が浮かび上がる引箔

ある日「蝶々の柄を蝶々そのものを使って表現してほしい」と注文が入ります。羽はうまく織りこめましたが、胴体の素材は昆虫そのままでは難しい。悩める日々に訪れた奈良の正倉院展で螺鈿細工を目にした勝一郎さんは、これだ!と近くの海で獲れたアワビを鉄工所に持ち込み、薄く削ってもらい…2年の月日を費やし「螺鈿織り」の技術を完成させました。現在ではアワビや夜光貝、黒蝶貝といった貝類から、木材、皮、和紙にフィルム、ミラーシートなど多種多様な素材へと展開。竜宮城の物語に出てきそうな美しい織物は、ひとつひとつの素材が持つ可塑性を検証し、実験を繰り返しながら生み出されました。

類稀なる造形力を備えた民谷螺鈿株式会社は、2006年から丹後の複数の織物業者とともにパリで展示会を開催。2013年からは世界最大の生地見本市「プルミエールビジョン」に設けられた「メゾン・デクセプション」に招聘され出展を続けています。世界から選りすぐられた匠のみが展示される最高峰の舞台に立ち、海外市場で求められる規格やデザインに応えるべく、製品のブラッシュアップに注力してきました。2代目 民谷共路さんは「丹後には自由なクリエーションで世界と繋がり、新しいものを生み出せる確かな織物技術がある。独自の技術を打ち出しながら、マーケットに受け入れられる範囲を探っていくことが大切」と毎年海外に赴きます。同時に「世界のトレンドは大きな視点で日本のきものにも影響がある」と帯屋としての視座にも欠きません。丹後の誇る織物技術は、きもの文化に育てられました。かつて、きものほど素材にも加工にも単価がかけられる産業はなく、それゆえ他産地では真似のできない技術を築くことができたのです。2017年にはパリに拠点を置くオートクチュールブランド「on aura tout vu(オノラトゥヴュ)」がパリ・コレクションにて丹後織物を使用したドレスを発表。現在もデザイナーとの親交は続き、新しいコレクションの生地開発が進行中です。


職人の手仕事が精緻な織物を作り上げます

「螺鈿織り」。その始まりは小さな蝶が描かれた帯でした。その一本に込められた技術が、いま世界に羽ばたこうとしています。「和装産地だからこそ海外のラグジュアリーブランドからも一目置かれる存在になれる」。共路さんは丹後を牽引する機屋たちと一丸となり、産地の存続をかけて織物に向き合っています。


民谷螺鈿株式会社2代目 民谷共路さん

原田 美帆
与謝野町在住
インテリアコーディネーター・現代アートスタジオスタッフとして活躍し、2015年からは丹後・与謝野町に移住と共にデザインスタジオ「PARANOMAD(パラノマド)」を設立。織物は彫刻という独自の視点でカーテンを始めとしたテキスタイルを制作。また、マニアックな所まで的確にレポートするライターとしても活躍中。そんな彼女の美と食の記事は今後とても楽しみであります。PARANOMAD

INFORMATION

名称
民谷螺鈿株式会社
Name
Tamiya raden
住所
京都府京丹後市丹後町三宅312
Address
kyoto,kyotango,tanngo-cho,miyake312
URL
http://tamiya-raden.jp
Url
http://tamiya-raden.jp
名称 Name
民谷螺鈿株式会社 Tamiya raden
住所 Address
京都府京丹後市丹後町三宅312 kyoto,kyotango,tanngo-cho,miyake312
URL Url
http://tamiya-raden.jp http://tamiya-raden.jp
  • TOP
  • LUXURY
  • 丹後の「世界品質。」 キリン地域創生トレーニングセンタープロジェクト後編